2012年 12月 25日 (火)

秋月の家

2012年8月竣工



外観

006 058
外観の経年変化をあえて楽しむため、防腐剤のみの仕上げ。


玄関・テラス

059
玄関左手は自転車置き場。

003  013


母親居室

025
インテリアにこだわりのあるお母様のプライベート空間。


階段

034  018  
木の螺旋階段。
心棒は手を添えるためだけのもの。


テラスよりLDK

064


063 068


食堂・ミシンコーナー

037 038
右奥に見えるのはミシンコーナー。
その隣のカウンターはお子さんのお勉強コーナー。
お裁縫が得意な奥様が、存分に腕をふるえるよう、
まだ小さなお子さんが怪我をしたりしないよう、
簡単に開け閉めできるコーナーとなっています。



台所

046
温かみのある明るいキッチンがご要望でした。


台所より居間を見る                   階段室より外を見る

044  049
唯一、緑を見ることができるここには大きな木製建具。
緑と空、外の喧騒を尻目に、自然を感じながら生活して欲しいと願って。



寝室

053


子供室

050  051 
ロフトは子供さんの大好きな場所になっているようです。 


洗面室

055


つまみ

3215
ミシンコーナーの扉のつまみは私の手作りです。
なかなか思い通りのものが見つからなかったので、作ってみました。





ここの敷地の良さは交通量の多い国道のすぐ近くでありながらも、
奥まった旗竿敷地のため静かでプライバシーを保ちやすいところであり、
そういう敷地が故に、一歩外に出ると、事故に繋がりやすいデメリットも併せ持っています。
広くはない敷地の中に2世帯の家族皆の車の駐車場を確保し、
かつ、敷地内で車の回転ができるよう、住居部分の多くを2階に配しました。
そのため鉄骨のキャンティレバーとし、1階部分のほとんどをそれに利用することにしました。
その結果、親世帯と子世帯のプライバシーの確保、
四方が塞がった敷地の中でも、唯一南の住宅の平屋部分に外部に抜ける視線が確保でき、
そこにLDKとテラスを配置することができ、豊かな空間を作ることができました。




Posted by onomichie | 15:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | 実績紹介

next»

© FC2 BLOG / ooq:blog

onomichie